ネコマタギ★レンズ研究所

ジャンク屋の箱の中で引き取り手が無いレンズを好んで研究するブログである。

SIGMA ZOOM-β②

SIGMA ZOOM-β 70-150mm F3.5(Σ-51xxxx)


 前回の続き。今回はマクロ撮影テストしてみる。前回ちょっと書いたがこの撮影テストはマクロモードではあるが焦点距離が判らない。多分70㎜だと思うが違うかもしれない。


★マクロ撮影
 適当な被写体が無かったので、そこら辺で日光浴をしていたヤシカエレクトロ35GSを撮影した(^^;

=F3.5開放=
70mc035
 流石に70年代風でハロハロホヤホヤでんな。ピントは何処に合わせたら良いか分らなかったので「概ねカメラ本体にピントが来る」ようにしている。シグマはこれの後は開放からコントラストが付くレンズが多いのだが、このレンズに関しては70年代風でHJCL的には良い感じだね。

=F5.6=
70mc056
 一段(正確には一段半だが)絞ると、この通りハロがスッパリ消えるのも当時の教科書的だ。方々でピントが浅いのを除けばこれでもう使える画質。

=F8.0=
70mc080
 更に鮮明になり申し分は無い。レンズの先端が稍ボケているのはピントが浅いので仕方が無い。

=F11=
70mc110
 ありゃ?カメラ側のピントは飽和しちまったな。結果から言えばもうちょっと前にピントを出すべきだったか。球面収差の膨らみは結構大きいらしくピントの移動も感じる。この辺りが本来は最高の画質なのだろう。

=F16=
70mc160
 F16だと画像がちょっと明るくなっている。絞りが絞り切れていないのかも。或いは回折でコントラストが落ちてきたのか?これでも等倍だとレンズ先端はピントが来ていない(^^;

=F22=
70mc220
 やっとレンズ先端も満足できるピントが来たが完全にコントラストが低下している。全面にピントが欲しい時以外は使いたくない画質だ。


★次回に続く
 実は今回既に遠景のテストもやったのだが、一絞り半アンダーで撮ってしまい使えなくなった(^^; 次回改めてテストしてみる。見た感じでは良さげに見えた。

SIGMA ZOOM-β①

SIGMA ZOOM-β 70-150mm F3.5(Σ-51xxxx)


 これまでのHJCLレコードの50円(税込み)で手に入れた究極のレンズ(^^ 同じく50円のカワノンの付け合わせレンズだったのだが、前玉が大きかったので実は内心でソコソコ期待していた。動作チェックで見た限りではまあまあ評価だったが詳細テストしてみよう。

 SIGMAは"SIGMA ZOOM 28-80㎜ F3.5-5.6 MACRO"のせいでイメージが最悪になったのだが果たして挽回できるか?


★特徴
 2倍ズームなのでズーム比的には物足りないが、その代りコンスタントFナンバーなので全焦点距離に渡ってF3.5が維持される。これは大きいね。近接能力も2mとかなり物足りないが、それを補う意味で最大1:6のマクロモードが設けられている。これも倍率的には物足りないが無いよりはマシ。イヤ先日初めてマクロ機能が無いズームレンズを発見したのでそう感じた(^^ ズームレンズにマクロ機能は必須だと思っていた。


zenkei
 これが全景だ。1970年代末~90年代までに多かった先端と末端が太くて中間が細い地味なスタイルである。直進式でピントリングを前に出すと短焦点側、手前に引くと長焦点側になる。マクロ機能はシームレスではなく明示的にリングを回す必要がある。


normal_mode
 これがそのノーマルとマクロモードの切り替えリングである。左の下向き矢印のレバーを下げながら回す。素早い切り替えは出来ないが、意図せずにマクロモードに入らないようになっているのだろう。マクロ時に機械的に収差補正でもしているのか?


macro_mode
 これがマクロ状態である。マクロ撮影テストをした時は気づいていなかったが全域でマクロモードに入る。お陰で次回のマクロテストは焦点距離が不明である。多分70㎜だと思うのだが。


kanime
 フィルター径は58φとなっている。内側には銘板は無く、二重のカニ目リングがハマっている。これは03Aでもあったように内側のカニ目で前玉を押さえ、外側のカニ目で無限遠ピント調整をするようになっている。SIGMAは銘板が無いのが多く、しかもリングが斜めで急傾斜の奴が多い。このレンズも回すのは大変かもしれない。ネジロックが汚い!本当に工場で塗ったのか疑わしいがバラした跡はほぼ見られない。


k_mount
 当該物件はKマウントだ(それだから買った)。電子接点無しのコンベンショナルなKマウントなのだが、*ist Dsで付け外す時に稍引っかかるのが気になる。このマウントはユニバーサルマウントとして機械的仕様が公開されている筈なんだが何故引っかかるんだ?尤も*ist Dsの方に問題が有る可能性も皆無ではないだろうが。


hood
 50円の価格シールが見えるように斬新なアングルで狙う(^^ いつもは40Aにも使っていたHAMAの大型ゴムフードを付けている。APS-Cなのでこれでも70㎜側(107㎜相当)でケラレない。もっと深くても良いくらいだ。


 現在判明している不具合は前玉と次の玉にカビが生えかけている事と、細かい斑点状の汚れがある事、ホコリが多少入っている事だ。ネジロックがハッキリと見えるくらい塗りたくられている事と、マクロ機構のせいでメカが複雑なので全バラはしたくないな。一番性能に影響するクモリは無いっぽいけど汚れを取らないとクモリも判らないので不明という事になる。やるとすれば前2枚の玉を掃除したい。


★次回に続く
 次回からは撮影テストに入る。

買い物リザルト[17/09/17]

南多摩巡回[17/08/02]

TAMRON CT-135
 ググってみたけどこれと同じものを持っている人は全く見つからなかった。やはり謎だ。恐らくKマウントカメラとのセット用なんだろうけど。当時はボディ・標準・広角・望遠がセットになったものが初心者向けに売られていた。

=キャップ類=
 FL50/1.4を55φだと勘違いしていた(^^; 58φを買わねばならんのか…。

=New FD 35-70㎜ F3.5-4.5=
 今回の買い物では唯一のHJCLの所有レンズだが、この安っぽいズームって確かT50やT70向けに作られた奴だよね。外見的には写りが良さそうには見えないけど、レンズメーカーの製品よりはマシかな?

fd35703545
 と思ったら大間違い!ジジイの言っていた事は本当だったorz 恐らく現在HJCLが所有するレンズの中で1、2を争うクソ玉だ。324円は出し過ぎだ。この時期のCANONがこんなレンズを出していたとは驚きだ。こうなると同じ焦点距離・明るさの09Aや17Aが一入輝いて見える。尤もコイツは価格もそれらよりだいぶ安いんですがね。

=Super Takumar 55mm F2=
 このF2は初期F1.8の絞りを全開にならないようにしただけのもの。トリウムガラスは使われていない筈なので画質は良くないだろう。昔テストした結果を見ると色収差がトリウム版よりかなり大きかった。やはり新種(当時)ガラスの威力は絶大という事か。

=カッパ=
 これを使うという事は雨に降られるという事なので、今後は出来れば使いたくないね。

=牛焼肉定食(^^;=
 現在のお気に入りだ。肝心の焼肉は結構美味いけど厚みが薄いな。次回はうまトマハンバーグ定食を食べよう。


アキバ巡回[17/08/06]

=ピンセット=
 専門外のレンズ磨きとセンサー掃除で活躍中(^^

=TOSHIBA EXCERIA 32GB=
 早速L32に入れたけどフル画質で4ケタ撮れるのは大きいな。尤も筆者はカメラに画像を入れっぱなしにしておくのは好きじゃない。一杯になったら古い方から消していく。今までは保存期間は半年くらいだったけど、これからは一年以上は保存できそう。

=ニコポン印ダスパー=
 中身は小津産業ダスパーの同等品である。これはこれで個人的には大満足だが、やっぱりHJCLの100~300円ジャンク用にキムワイプも買うかな。ジャンクにも価格に応じた格差を付けるのがHSDLからの伝統だ(^^ あと紙のサイズが小さいのも(丸洗いした場合は)使いにくい。

=HCL ハンドラップ=
 まだ慣れていないので使いにくいがそのうち使い慣れるだろう。あの使いにくいミラーレス(熱糞)だって短期間で使い慣れたのだから大丈夫(^^

TAMRON 09A
09a_kabi
 よく見たら分解を試みた跡がある(ダメだったらしい^^)。薄くクモっているようにも見えるが微妙に僅かな生えかけのカビの方が気になる。でもこれってバラすのが超面倒なんだよね。個人的にはピントリングのゴムを剥がすのが失敗しそうでイヤなんだわ(下手すると破れる)。変な中間のカニ目は治具を自作すれば何とかなりそう。まあレンズは逃げないので気楽にやろう。

tamron_09a
 Before撮影。完全にバラしてはいないが分解されているかもしれない。コントラストが低いのはクモリとカビのせいだろう。17Aとはよく似ている気がする。


北巡回[17/08/11]

TAMRON Z-210(31xxxx)=
 イヤいーわこれ。眺めているだけで飽きない。その後サンニッパで流行った白塗りとは全く違った良さがあるね。ホワイト仕上げはこの時期だけ数種あったらしい。実は見るだけで満足してしまい撮影はしていない(^^;

=アダプトールマウント(非Ai)=
 全く役に立たない非Aiニコンマウントと書いたがそれは大間違い。実はHJCLにはニコンマウントは一つも無かったから。それでE-500+ニコン4/3マウントアダプタでタムロンレンズが付いてしまうので大助かり。尤もE-500は現在は開店休業中だが。

=SUN AUTO ZOOM 85-210mm F4.5(59xxxx)=
 ゲゲッ!何だこりゃ!F4.5開放なのに恐ろしくシャープなんだが?!勿論昔の望遠だから軸色はあるけど、開放からバリバリシャープでハロが少ない。正直サンズームなんて馬鹿にしてたけど良いのもあるんだね。これで手負い状態(カビ・バルサム)なのだから新品はどれだけ良かったのか想像もつかない。全く恐れ入りましたm(_ _)m 申し訳ないけど特集記事まで写真は見せられない。

=レンズキャップ類=
 キャップは幾らあっても大丈夫。ジャンクには通常付いていないモノだから。

52bb
 SPキャップの件なのだが、うちの52BB(もちろん新品で買った)を見たら2でもSPでもないただのタムロンだった(^^; いつからどう変わったのだろうか?恐らく52BBの辺りから合理化で複数種類は統合されたのだろう。52Bの時は2種類あった気がしてきた。

=割引券(^^;=
 8月末までだったので4枚ともキッチリ使い切った。

=積み重ね蓋付きBOXビデオ用=
videobox
 やはりサイズが不適当だな。普通に1段で入れるのには深すぎるし、2段重ねて入れるのには浅すぎる。標準ズームなら縦に入れられるが、残念ながら標準ズームは片手で数えるほどしかない。重ねられるから良いと思ったんだけどなあ。これにカメラを入れて、レンズは別のケースを探そうかな。


南巡回[17/08/13]

=SIGMA PANTEL 135㎜ F2.8=
sigma135pantel
 やっぱりいいわこれ。もちろん外見の話だけどな(^^ ピントリングのゴムを掃除したいなあ。外して洗えばいいけど劣化品は破れる危険がある。ちなみにヤマキシステム時代と書いたけど、これは一つ後の時代だった(YSはもっと太くて持ちたくない外見^^)。なおキャップはコムラーの金属キャップが余っていたのでそれを付けた。

TAMRON CZ-715
 1976~1978(推定)年の製品。玉のクモリを調査しなければならないのだが、この時期のタムロンレンズはバラすのが難しいらしい。CZ-825で練習してからにするかな。とりあえずBefore撮影してからだ。

cz715_balsam
 残念ながらCZ-825のようなマクロ機能は付いていない。最短1.5mはかなり厳しい戦いを強いられそうだ。そう言えば上記メーカーサイトでは最短が2.0mになっているが1.5mの間違いである。余談だがその後このレンズを50円で発見してしまった(^^; 無理して買う事無かったじゃんか。チャンチャン。

=Zoom-NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5=
zn35105
 微妙に後ピンかも(テキトー)。ニコン製という先入観を持たなければ標準的なズームなんじゃないか。カビは殆どが表面だったが、前玉と一番終いの玉の内側にも「カビが生えそうな雰囲気」がある。何しろフィルターまで滅茶苦茶カビていたからな(←洗った)。

=NIKKOR-S Auto 50mm F1.4=
nikkor5014nkj
 絞りの後ろの玉にカビ又は汚れがある。NKJの最終型みたいだね。こうなると5.8㎝も欲しくなってくるな。5814の画質はクソらしいけどそれもまた良し。なおキャップはキヤノンを付けてみました。これは確信犯だな(^^

=58φ?フード=
 惜しいなーこれ!物凄く出来が良いので惜しすぎる。何とか使えるようにしたい。58φのフィルター枠に接着剤やハンダ付けとか手はナンボでもある。面倒だけど(^^;

=キャップ類(付属品含む)=
 当然ながら即戦力である。

=割引券=
 8月末までだったので4枚ともキッチリ使い切った。うまい棒も美味しく頂きました。

Zuiko 100-200mm①

S ZUIKO AUTO-ZOOM 100-200mm F5(10xxxx)


 一連の108円シリーズである。元々は筆者の私物として入手したが、まともな状態になりそうもないのでHJCLへ抛った(^^; コイツが復活したら結構面白いのだが。

zenkei
 OM-SYSTEMのズームレンズである。この焦点距離はPEN-F用は割と有名だがOM用は知名度が低い。OMメインの筆者もズームに興味が無いから存在自体をキレイに失念していた。元々2倍望遠ズーム、しかも100-200㎜なんてのはどこのメーカーも全く人気が無い。FD 100-200㎜なんてどこのHOの青箱にも必ず有るくらいだ。なのでジャンク屋でも手に取る人はまず居ない。それだから108円でHJCL&ヨコテンの手に入ったわけだ(^^


★カビカビだよ!(^^;
 当初から判っていたが不具合多数だ。その上マウントは不人気、レンズは超不人気の低倍率のソコソコ望遠ズームとくれば108円もやむを得ないところ。

①前玉・中玉にカビが生えている。
②後玉付近にクモっている玉がある。
③ズームリングの動きが良くない(グリス切れ?)。
④∞表示が狂っている(行き過ぎ)。

 でその結果としてコントラストが異常に低い画質になってしまっている。取りあえずカビをとらないと他のレンズと一緒に入れられないのでカビ取りだ。


★分解・清掃
barasi01
 まずは当然ながら銘板を外す。49φなのでHJCLが最も得意としているサイズ(^^ これに続くのは58φだけどそれはまあ関係無い。


barasi02
 前玉が外れました!かなり分厚い一枚玉だ。ここまでは小学生レベルだったのだが…。


barasi03
 カビキター!これを拭いてお仕舞…と言いたいところだが、更に下にもカビはあるようだ。けどこれから先どうやってバラせばいいの?サッパリ解らんな。

 前玉ユニットを外すのにフードを外さねばならないらしい。がしかしこのフードが外れない!ネジになっているっぽいのだがどうやっても回らないのだ。ここは撤退して後ろを見てみよう。


barasi04
 マウントのネジを外す。これが結構ヤバいんだな。元に戻らなくなる可能性も結構高い。


barasi05
 意外に呆気なく遮光フードが外れた。ミノさんだとこれは省略しているね。いわゆる手抜きと言う奴だ。


barasi06
 覚えておかねばならないのだが…あー何かもう忘れそう(^^; スイッチはポロリと取れる。バネの位置を覚えておかないとな。


barasi07
 何かもう手詰まりになってきた…(^^; こうなったらもう一度前からバラそう。ピントリングのゴムを剥がせば道は開けるのではないか。いや最初から知っていたけど出来ればやりたくなかっただけ。


barasi08
 今日は破れなかったよ。予想通り下にはイモネジがある。


barasi09
 ヘリコイド抜けた。しかしやはりフードは外さないと前玉ユニットが取れないし無限調整もできない。無理やり傷つけながら回した。

 これで色々な玉を磨けたのだが、やはり絞り後の後群が問題だ。コントラストが付かないのが問題なわけだが、その主原因はカビではなくクモリ玉なのだ。やはり後ろからやらねばならないらしい。分らんけど。

 一連の作業でヘリコイドグリスがすっかり無くなってしまった。筆者が下手なのではなくそういう構造で、ヘリコイドのグリスが付いた部分を握らないと回せないのだ。組み立てにはヘリコイドグリスが必要なので困ったな。こうなったら禁断のモリブデングリスを使ってみるか?プラじゃないので行けそうな気もするが、浸みだして絞りやマウントの方まで行ってしまいそうな気もする。まあ年一くらいで定期メンテすれば済むことだが…イヤそれも面倒だなあ。

 取りあえず仮組立してテストするか。


★テスト
 カビは全部取れたのだが画質は全く変わっていない。実はこのレンズの画質を著しく落としているのはカビではないからだ。カビは端の方の一部に生えているのは殆ど画質に影響しない(絞ると周辺は関係なくなるから)。このレンズの一番の問題は後玉付近のクモリだ。これは清掃で取れるかもしれないが、ガラスの変質もしくは貼り合わせの接着剤の変質だったら厄介だ。それでも接着剤なら貼り直し出来るがガラスの変質は削らねばならない。ガラスの表面だけでなく中も変質していて削ってもダメな場合もある。ちなみに無限遠の調整だが、マウントアダプターがオーバーインフなので不可能だった。一応の仮止めで放置するしかない。そのうち∞完全調整済(注)のOM-1で無限を調整したい。


after1
 やっぱり全くコントラストが付かない(^^; もちろん被写体は撮影時の光線状況も低コントラストなのだが、レンズがさらに低コントラストなので全体的に平板な絵になってしまう。


after1_toubai
 ただ等倍で見ると印象は変わる。*ist Dsに250~300㎜を付けた時より細かく描写しているのが判る。新品いやクモっていなかったら恐ろしく細かい画質のレンズなのではあるまいか?是非ともクモっていない奴を使ってみたい。あとカメラの解像度が足りていないのが悲しい。1400万画素の熱糞でも足りないとなると…HJCLには無いな(^^;

 今回目に見えて変わったのはピントリングのゴムがキレイになった事だけ。水洗したので新品同様とは言わないけど、非常にキレイで気持ちが良い状態になっている。


★次回へ続く
 次回はクモリ玉と症状を特定する。ぶち壊すつもりでマウントを外してバラす。どうせこのまま置いといても何にもならないのだから。クモリ玉がもし割れるようなら割って貼り直しか放置して組み立てたい。ワセリン使った例もあるけどわざわざワセリンを買うのがイヤなので合わせてそのまま放置が良いだろう。磨いて直るようならひたすら磨く。

注:クレームしまくりで当時メーカー規定以上にシビヤーな調整をしたそーです(^^ 実際∞がおかしかったのはカメラじゃなくてコシナのレンズのせいだったんだけどね…チャンチャン。疑ってすいませんでしたm(_ _)m


ストラップが切れた

canon_strap1
 *ist Dsに付けていたワイドストラップがいきなり壊れた。ベルトを繋いでいる金属製リングがある日突然に「ポロリと」割れたのだ。三脚に載せていたので力は全く掛かっていなかった。ベルト自体は丈夫で全く何ともないのだが、まさかリンク(リング)が割れるとは思いもしなかった。よく見たらこれって鉄じゃないんだね…。


canon_strap2
 これを見ると完全に金属疲労に因るものだ。不幸中の幸いと言うか、首から吊っている時じゃなくて良かったよ。吊っていたら確実に地面に落下していたはずだから。


 ちなみにこのストラップは写真を始めた頃にA1に付けていたモノ。20年以上使っていなかったのを今年*ist Dsを買った時に付けたものだ。30年も経つと使わなくても劣化するという事か。さて次に何を付けるか?うちのストラップってキヤノンとオリンパスとニコンの名前入りしかなかったような(^^;

記事検索
最新コメント
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ