SIGMA DL ZOOM 75-300mm F4-5.6[KAFマウント]


DL75-300mm F4-5.6①
DL75-300mm F4-5.6②

 前回は中距離の画質を見た。今回はマクロ域の撮影テストである。データの裏付けではなく感覚的なものだがシグマのレンズはマクロ域が良いように思うので期待している。前回で傾向は判ったので焦点距離は飛び飛びに75、123、300㎜に限定する。


★75㎜

=開放F4.0=
075mc040
 全体ハロっぽいですね。デジタルレンズ厨房が見たらハッキョーするくらい悪画質なのだろう(^^; コントラストが低いが解像度は悪くない。こういうレンズが欲しい筆者は現在のレンズは全部失格だ。

=F5.6=
075mc056
 全体を覆っていたフレアーが消えてコントラストが付いた。

=F8.0=
075mc080
 中心の画質がいきなりガーンと上がって現代的な描写となった。しかしそれでも今のレンズのような「ヌケの良い画質」ではない。筆者はあのスッコヌケの画質がキライなんだよ(^^;

=F11=
075mc110
 被写界深度が上がっただけ。

=F16=
075mc160
 全体的に落ちてきた。

=F22=
075mc220
 何故か一絞りもオーバーになってしまった。これは絞り連動ミスかな?何らかのバグがあるのかもしれない。電子マウントのイヤな所だ。


★123㎜

=開放F4.5=
123mc045
 マクロでもやはり中間画角が良い。ちょっとピントが後ろのような気もするがまあ良いだろう。ちなみにAFで合わせて以下固定である。

=F5.6=
123mc056
 ここだけ半絞りしか違わないので変化が少ない。でもピントが動いた気がする。もちろん撮影ミスではなく光学的にだ。

=F8.0=
123mc080
 キタキタキター!これは非常に良い画質ですね。

=F11=
123mc110
 被写界深度が上がっただけ。

=F16=
123mc160
 被写界深度が上がっただけ。

=F22=
123mc220
 光学的には被写界深度が上がっただけだが露出がまた1/3絞りオーバー気味。


★300㎜

=開放F5.6=
300mc056
 申し訳ないが全体が入らなくなった(^^; 左はわざと傾けてあるので被写体は平坦ではない。全体的に甘いですね。

=F8.0=
300mc080
 中央部の網点が見えてきた。だがまだ甘い。

=F11=
300mc110
 漸く使えるピントになった。ピントが合っているのは右半分だ。

=F16=
300mc160
 被写界深度が上がっただけ。

=F22=
300mc220
 被写界深度が上がっただけ。

=F32=
300mc320
 全体的に僅かに落ちてきたが気になるほどではない。


★定型テスト終了
 距離や絞り表示は消えてしまったがAFならばそれほど問題にもならない。比較的色収差が少ない望遠レンズとしてこれからも活躍の余地はあるだろう。