いずれこれらを利用して実験したい。色々な悪いアイデアが一杯浮かんでは消える。


★容易に手に入るフィルター系

=プロテクトフィルター=
 トーシロが好きそうな物件だ。あ、貧乏そうな自称プロも使っているか(^^; 本物のプロなら前玉なんて定期メンテで何度も交換するものなんだが…。下のスカイライトやUVと同様に使える。素ヌケの分だけこちらの方が良いか?

=スカイライトフィルター(^^;=
=UVフィルター=
 デジタルカメラ時代にはもはや用無しだが、フィルムカメラ時代の遺産がゴミの山のように青箱に入っている。サイズも40~72辺りまで非常に豊富で「自作系」には利用価値がある。尤も72を超えると見つけるのは至難の業。筆者は今まで一度も見た事が無い。いずれこれらの利用記事を書きたい。

=有色フィルター=
 モノクロ用。もはや使う人も居ない。これも何かの役に立ちそうだが直ぐには思いつかない。

=PLフィルター=
 これも素人が大好きなフィルターだ。え、超有名な大家T・NがPL好きだって?あの人は絵の好みがシロートそのものなんだよ。だから大衆に売れたとも言えるが(^^ それはさておき、コイツは枠が回るのを活かして何かに使えないかな?

=ゼラチン系フィルター=
 デジタル時代で弱小プロが廃業したのか最近これが多数出回っている。ラッテンだけじゃなくて不治のアセテート系?のも一杯出ている。問題はこれを付ける枠がなかなか手に入らない事。筆者は廃業したプロなので持ってますが(^^

=特殊な演出系=
 クロスとかソフトとかセンターフォーカスとか★とか…数限りなくある。これらは写真を始めたばかりの人が一瞬飛びつくが三日もすれば飽きて放り出す。最近はデジタルならある程度ポスト処理でもできるのでこんなモノはほぼ使われないのだ。もしかすると利用価値のある物件がある?


★容易に手に入らないフィルター系

=NDフィルター=
 案外手に入らない。みんな使わないのかな?HJCLには実験用に是非欲しい物件だが。

=ステップアップリング=
 フィルターではないが枠を使うのでここに入れた。元々特殊品で利用者が少なく数が少ないが、更に青箱内で破損しやすい事もあって使えるのはかなり少ない。

=ステップダウンリング=
 上よりさらに需要が少ない。イヤ実は今まで青箱内で見た事は一度も無い。HJCLには必須の物件なのだが…。

=クローズアップレンズ=
 ある程度カメラを使い込んだ一部の層しか使わないモノなので元々数が少ない。度数を選ぼうと思ったら更に至難の業だ。曲がりなりにも光学レンズなので、傷が付くと拙いことから青箱に直に入っているのは敬遠したくなる。MCじゃなければ磨いても良いけど…。

=特殊な色変換系=
 IRパスフィルタとかIRカットフィルタとか紫外線パスフィルタとか。専門的なうえに非常に高価なので出てこない。HJCLとしてはこの手の特殊系は非常に欲しい物件だが出ないだろう。