デジタル写真を始めたばかりの3~4月頃に書いた記事だが、当時書いた記事はデジカメに慣れていないのでテキトーだったため放置していた。これから冬にかけてHSDLの方も忙しくなりそうだし、他に記事が無いから上げちゃったけど読まないでいい(^^;

SMC PENTAX FA28-70mm F4AL


 「ハードオフ吉祥寺開店」で入手したジャンクのSMC PENTAX FA 28-70mm F4ALだ。このレンズでK100D Superと*ist DsのAFテスト&各種オート露光のテストも行なえた。自分の撮影では使わないズームだけどその点ではいい買い物だった。当初はこれで用済みのはずだったが、一寸ホコリ入りだが玉を含め外見は全く正常なので撮影テストしてみた。

 テストに先立ちこのレンズをテストをしている記事を探したが、古すぎるのか全く見つからなかった。現役当時はイソターネットは普及していなかったし、その辺のジャンクを掘り出してテストした現在のネット記事はFAなんて見向きもされない。やっぱり自分でやるしかないのか。尤も他人のテストほどアテにならないものは無いんだけどね…。HJCLにはHJCLのテストの仕方がある。


★標準
 開放からF16まで順に並べてみた。比較は中心部だけだが、所詮は35㎜フルサイズをインチキくさいAPS-Cフォーマットでテストしているのでこれで良いのだ。F22は中心部も悪化するので捨てた。

53f040
53f056
53f080
53f110
53f160
 レンズが一番短くなるようにズームリングを調整すると50㎜辺りになる。Exifでは53㎜となっている。マクロで使うとすればこの辺かな。

50s040
 いつも写しているモノを撮ると…うーむ50㎜F4としてはイマイチかなあ(^^;


★広角側
 広角側一杯に伸ばして撮影。35㎜で言うと42mm相当だ。F4~22まで順に並んでいる。

28f040
28f056
28f080
28f110
28f160
28f220
 対象の倍率の低さとピントの深さで誤魔化されているがあまり良くない。コントラストはまあ良いとして解像度が低い。歪曲が少ない以外はコンデジ並かな。


★望遠側
 望遠側一杯に伸ばして撮影。35㎜で言うと105mm相当だ。同じくF4~22まで。

70f040
70f056
70f080
70f110
70f160
70f220
 このズームは望遠側が格段に良い。開放はいい感じにハロハロだが多少絞ると現代のレンズと差は少ない。充分に実用になってしまう。


★一旦終了
 ALなので非球面も使われているはずだが見た感じでは普通のズームレンズだ。コンスタントなのはいいけどF4は暗すぎてちょっと使い所が難しい。焦点距離(42-105相当)から言ってコンデジの代わりにはなりそうだが。それはさておきペンタックスのFA時代のレンズはこれまでに一度も使った事が無かったので勉強になった。