2X APK TELEPLUS MC4(550xxxx)


 いやーヒドイ目にあった。このテレプラスの後玉がクモっている(と思われる)ので拭いてみようと思ってカニ目リングを開けたわけ。一番内側のリングを外したらいきなり全部の玉がバラっと落ちてきた!最初だけカニ目リングで止まっていて後はスペーサーしか入っていないのだった(^^; 手抜きしやがって。お陰で構成が分からず試行錯誤となった。それから30分以上かかって漸く∞が出るようになったがこれで本当に良いのか自信が無い。4群4枚でも組み合わせはかなりあるからなあ…。結局クモリも取れなかったし反って埃だらけになってしまった。もうこれは諦めて中抜きして中間リングにでもするかな?もし次回買う事があればMC4ではなくMC7を買いたい。取りあえず解体前に?テストだ。


★親レンズ
 TELEPLUSは親レンズ=50㎜で設計されているとされ、メーカー公式には200㎜を超えるレンズには対応していない。そこで最近使い慣れているTAMRON CZ-715にした。このレンズなら親レンズの悪さで訳分らなくなる事はあるまい。焦点距離はテレ側150㎜だけテストする。このレンズは長焦点側はあまり良くないレンズなのだが。


cz715_mc4
 ちょっと全長が長くなったのでブレが心配だが、軽いので少なくともCZ-825よりはブレにくいと思う。これでこのレンズは300㎜ F7.6相当(APS-Cだと約460㎜相当)という事になる。カメラは御覧のようにK100D Superだがブレ防止は切っている。


★リザルト
 試した結果は画質の低下はそれほど感じられないのだが、それよりもレンズが暗くなったことでブレによるピントの悪化が増大したように思う。これに文句言っている人って実は手ブレしてるんじゃないのか?

=F3.8(F7.6相当)開放=
cz715_mc4_038
 あ~カメラが傾いている!この三脚と言うか雲台は倒した時に曲げてしまったらしい。回すと傾くのはそのせいか(^^; テスト結果より気になってしょうがない。閑話休題、真ん中だけはこの倍率なら特に問題の無い画質である。ただ周辺がボケているのが気になる。当然ながら色収差も目立つ。

=F5.6(F11相当)=
cz715_mc4_056
 やはりこの絞りでも周辺の悪化が目立つ。これでも等倍とか堅い事を言わなければ月の撮影等には使える。

=F8.0(F16相当)=
cz715_mc4_080
 この絞りだと周辺もまあまあ我慢のできる範囲だ。マンション左上隅の鳥を見た限り真ん中も画質は向上している。この辺りまでが実用可能なシャッタースピードか?

=F11(F22相当)=
cz715_mc4_110
 ああ~センサーゴミが出てきた(^^; F22相当でシャッターが1/50秒と300㎜の望遠レンズにとってはかなり厳しい戦いである。

=F16(F32相当)=
cz715_mc4_160
 1/25秒ともはや実用的なシャッタースピードでは切れない。微妙にブレで画質が低下しているかもしれない。有名メーカーの望遠レンズで解像感が低いのは殆どがブレによるものだと思われる。画質の低下は感じられない。

=F22(F45相当)=
cz715_mc4_220
 大判カメラ並みの絞り(相当)となり、もはや昼間でも手持ちシャッタースピードでは切れない。特殊用途だね。

=F22(F45相当)+ブレ防止=
cz715_mc4_220b
 参考までにブレ防止も入れてみた。設定は300㎜であるが全く変化は無い。結論として三脚では入れても無駄と言うか誤爆防止で切った方が良い。


★おまけ
cz715_mc4_220c
 上の最後のテストの時に誤ってミラーアップせずに手でシャッターを押してしまったのがこの画像。こんなに画質が悪化するんだね。先日も某公園で三脚に載せているのに手でシャッターを押していた人を見かけたが、まさかこんなに画像が悪化するとは思っていないのだろうな…。等倍だったら黙ってゴミ箱に入れるレベル。