Tokina SZ-X210 70-210㎜ F4-5.6(857xxxx)


Tokina SZ-X210①
Tokina SZ-X210②
Tokina SZ-X210③

 前回は無限遠+遠距離のテストを行なったが今回は中距離(有限距離)のテストである。


★70mm

=F4.0開放=
070m040
 開放ではハロがあり稍コントラストが低い。ただそれは絞った画像と比べて判る程度である。後ボケに稍崩れが感じられる。惜しいね。

=F5.6=
070m056
 ハロは消えた。ピントの合ったところの画像は文句無しだね。返す返すもボケだけが惜しいところ。

=F8.0=
070m080
 ピントが深くなっただけ。

=F11=
070m110
 上に同じ。


★85mm

=絞り開放=
085m040
 85㎜は70㎜と全く同じと考えてよさそうだ。

=一段絞り=
085m056
 ハロが消えてスッキリ爽やか。ピントの合った部分は申し分ない。

=二段絞り=
085m080
 ピントが深くなっただけ。

=三段絞り=
085m110
 上に同じ。


★110mm

=絞り開放=
110m040
 70~85㎜よりハロは増大したが被写体の関係で目立たない。

=一段絞り=
110m056
 これでほぼ最高画質と言える。

=二段絞り=
110m080
 これ以上絞る必要はない。

=三段絞り=
110m110
 上に同じ。


★150mm

=絞り開放=
150m040
 遠距離ではかなり酷く感じたハロだが中距離ではあまり目立たない。筆者の用途だとこのくらいソフトな方が好ましいくらい(^^

=一段絞り=
150m056
 因縁に近いくらいハロが残っている(^^;

=二段絞り=
150m080
 周辺悪化が気にならない周りが抜けた単純な被写体だともう絞る必要なし。

=三段絞り=
150m110
 上に同じ。


★210mm

=F5.6=
210m056
 パッと見で分るほどコントラストが低い。但し解像はしているので使えない訳ではない。

=F8.0=
210m080
 ハロは殆ど消えた。このように被写体によっては使えたり使えなかったりするわけだ。

=F11=
210m110
 更に画質は向上した。遠距離に比べバックが抜けて偏心?が気にならないのでだいぶ使える。

=F16=
210m160
 問題無い画質だがやはり短焦点側の方が良いな。


★続く
 次回はお楽しみのマクロのテストである。