記事が増えてやっと検索で記事が回るようになってきた。そこで人気記事のチェックをしてみた。現状はアクセス数が5つ違えば順位が2つくらい変わるのであまりアテにはならない。がしかし何となく傾向が透けて見えてきて面白い。


★10月

1位:2017-06-12「TAMRON 40A①
 6月の記事が10月の人気になったのだから本物だ(^^ ジャンクで多く出回っているので検索参照が多いのだろう。この記事は花の写真とか一般撮影写真が出ているので結構恥ずかしい。黒歴史として削除したい気分だ。

2位:2017-10-01「Zuiko 100-200mm②
5位:2017-10-07「Zuiko 100-200mm③
 これは分解記事だがこのレンズに限らずズイコーは分解しても無駄だから。前玉のカビ取りくらいなら良いけどね。曇ったレンズとして味わい深く使うべき(^^ これを書いて気付いたが、ズイコーレンズは根強いファンが多いようなので今後はなるべく取り上げないようにしたい。

3位:2017-08-30「HJCL用語辞典
 検索ワードに引っかかりやすいのだろう。グーグルAIは言うほど賢くは無い。マスコミは凄いと思っているらしいが(^^

4位:2017-10-03「TAMRON CZ-715①
 これも分解記事だ。このレンズはオイル蒸気でクモる必然の持病がある。ジャンク品は大概やられている。あとこのレンズの画質が非常に悪かったら誰かが分解している。ちゃんと調整すればニッコールも要らなくなるくらい良い画質なのだ(^^


★11月

1位:2017-09-07「クソレンズ王決定
 ワンピース世代は○○王とか好きなんだよな。恐らくそんな人がタイトルで釣られたのだろう(^^ 筆者も人並みにはランキングが好きなのでいずれまた違った奴でやってみたい。但し意外な結果が出ないとやらない。世評の追認はお断り申し上げます。

2位:2017-08-30「HJCL用語辞典

3位:2017-11-18「FD 100-200mm F5.6①
 このレンズは使う前から予想していたが良いレンズだった。ズーム比の割に巨大な望遠ズームはハズレ無しだね。尤も三流・四流メーカーはこの格言にあてはまらないかもしれないが…(^^; しかし何であんなに人気が無いのに高いんだろう?

4位:2017-11-08「SIGMA 28-80㎜ F3.5-5.6①
 これもジャンク数の多さがうかがわれる。売れたことは売れたんだろうなあ…酷い画質のレンズだが。IIもいずれ試してみたい。いくらこの時期のΣとは言えあのまま終わるとは思えないんだよな。というかアレで終わってほしくない(^^;

5位:2017-11-06「FA28-70mm F4AL①
 これもジャンク数の多さがうかがわれる。買う時に良いレンズかどうか検索するのだろうか?ホントつまんねえ奴ら!どんなモノか判らないレンズを買うのが一番面白いんだろが。評価の定まったレンズなんて使ってもしょうがない。


★12月

1位:2017-11-14「グリスの冒険(^^;
4位:2017-12-02「グリスの冒険(^^;;
 この手の記事が上の方に来るのは恐ろしい。まさか自分で試そうと思っているのだろうか?この記事を読んでいるバカが歴史的・文化的に貴重なレンズに変なグリスを入れない事を願う。昔の単焦点レンズはHJCLで扱っているような使い捨て前提のズームとは違う貴重な遺産なのだ。無学なジャンク厨房は死んでくれ。

2位:2017-11-22「FD 100-200mm F5.6②」
3位:2017-11-18「FD 100-200mm F5.6①」

5位:2017-07-25「TAMRON 03A」
 検索数でこのレンズのジャンク数の多さが窺われる。金属製でカッコ良いし、ちゃんと動けば良いレンズなのだがジャンク品は大概バラしてあって滅茶苦茶なのが多い。素人は玉をキレイにするのは出来るが組み立て調整の仕方を知らない。元の通りに組み立てれば元通りになると思っている所に無学を感じる。ズームレンズはお前らがガキの頃から弄ってきた19世紀並みの機械とは違う。目が見えればコンマ単位で効いてくるのが判るのだが老眼・白内障じゃ無理なのか。