SIGMA IA ZOOM 28-70mm F3.5-4.5編


 前回記事は特にアクセス数が多かったわけではないが二番煎じでもう一度。このための素材をわざわざ買った事だし(^^


★用意するもの
 前回記事を参照の事。溶剤のエタノールと拭き取り用のペーパータオルを用意する。その他仕上げ用のマイクロファイバークロスか雑巾があればいいかな。作業中は手指が黒くなるので手袋や指サックをした方が良いかも。筆者は爪の間に入ってしまって以後非常に難儀した。指に付着するともうアルコールでもなかなか取れない。


★SIGMA IA ZOOM 28-70mm F3.5-4.5
 このレンズはこのネタで使おうと思って入手したのだが、それ以外にもジャンクでは結構珍しいレンズだったという理由もある。


ia2870_1
 生意気にパワーズームなのである。サードパーティーのパワーズームって珍しくない?同レンズはα向けにもあったようだ。検索すると「もしかして」とか言われて別のレンズを検索させられる。全くこのバカAIには困ったものだ…イヤそれはどうでもいい、検索してもあまり情報が出てこないので使っている人自体少ないのではないだろうか。少なくとも筆者はジャンクで見かけたのは初めてだった。


ia2870_2
 当該物件はベタつきはまだ大した事は無いが、それでも入っていたハードオフの袋はベタベタでもう使えないレベル。一緒に入っていたレシートに黒いタイヤの跡が付いて悲惨な状態になっていた(^^; それとこのレンズは他のAFレンズにありがちな距離指標の窓が無い。つまり禅を落とすと全ての指標が無くなってしまう事になる。それでも使えるのか?(^^;


★作業する
ia2870_3
 紙を一枚消費した時点ではこのようになった。リングのゴムは全て外す。全てと言ってもこのレンズの場合は1つだが。


ia2870_4
 2枚目の紙を消費したところ。粗方の禅は除去されたがここからが面倒なところだ。プラ製なので力を入れるとレンズ本体が割れそうな感じがある。


ia2870_5
 上で予感はしていたが不安は的中!遂にブチ壊れてしまった。まあ壊れたと言ってもパワーズームのボタンがモゲただけだが。これは裏から付いているんだよなあ。このようにAFズームは本当に華奢で壊れやすいので注意。


ia2870_6
 3枚消費したところで仕上げの雑巾がけ。細かいホコリのような紙の繊維が気になる。


ia2870_kansei
 ゴムを装着して完成だ。玉には全く問題が無いのでテストには耐えられそうだ。


★動かす
 動かしてみた。アリャ?パワーズームにならないのはカメラが対応していないからだがAFが動かないのはどうしてなの?そもそも表示にMFレンズって出ているのだが。試しにシャフトをドライバで回してみたら正常に動作した。メカは大丈夫なのでカメラにAFレンズとして認識されていないようだ。これはパワーズーム対応機(KAF2)しか動かないのか?対応しているカメラは近いうちにHJCLに来るかもしれないし来ないかもしれない(^^; レンズにはどんなに金を掛けても、デジタルカメラにはなるべく金を掛けたくないんだよなあ…。


exif
 んんん?EXIFには焦点距離が出ていない。これはもう完璧にMFレンズの扱いで、それもKM以前の信号無し旧レンズ扱いだ。AFマウントなのに一体どうなっているのか?信号接点が不良なのかな。そうは見えないけどなあ。画角からみて焦点距離は55㎜付近らしい。


ia28703545
 原画はちょっと緑っぽかったがまあこんなモノだろう。小型の2870なのでSIGMA ZOOM 28-80㎜ F3.5-5.6 MACROの悪夢再来か?と思ったが画質も全く普通であり問題は無さそう。という事はやはりアレが抜けて悪いんだな…。


★完成!
 禅の下地処理?はまだ残っているのでゴム塗料が無くなってもそれほど品位は下がらない。黒艶消しだしノーマルと比べて落ちる所は滑りが良過ぎるところくらいか。もちろん文字が全て消えてしまったのは困るしダメージは決して小さくない。イヤそれよりもレンズとして正常に動かないのが困るな。AFが効かないのは我慢するとしてもズーミングできないので55㎜?の単焦点と化している(^^; せめてEXIFに焦点距離を記録してくれれば判るのだが。

 このレンズに限らないが「禅はベタついていてもアルコールで落とせるから」という安易な気持ちで入手しない方が良いだろう。100円とかタダ同然なら別だが…。