TAMRON 77D 28-80㎜ F3.5-5.6


TAMRON 77D①
TAMRON 77D②

 前回の遠・中距離テストに続き今回はマクロ(最短撮影距離)テストを行なう。前回のテストでレンズの性格は焦点距離に因ってあまり変化が無いと判明したので、今回のマクロ撮影は28、50、80㎜に限定する。前回は絞りは二段絞りまでだったが、今回はマクロのため最少の六段まで絞る。

 今回の記事では画像の提示法を変更する。28㎜は等倍で中央部付近をトリミングして切り出す。サイズが小さいと何も判らなかったのでこうした。50㎜と80㎜は1/2して真ん中を切り出す。等倍だと一部しか見えないのでこうした。どちらにしても周辺は判らなくなるが、このレンズに関しては全画面均質なので等倍で見ても破綻は無かった。なおコメントは等倍画像を見ている。


★28㎜
 ワイド端の28㎜である。この焦点距離でマクロ撮影をやる人は居ないだろうが、広角レンズでは寄りは基本である。尤も85㎝では「寄り」と言う感じではないが…。

=28㎜全景=
028mc_zenkei
 アリャ?5xiのボディキャップが90度傾いている(^^; 言い訳その1、このボディキャップは手抜き品でバヨネット爪が無いので曲がって付いてしまう。閑話休題、いやーこれは良いコントラストだ!開放からほぼ全開で、真ん中のコントラストは今まで見た事の無いレベル。今まで70~80年代ばかり見てきたから新鮮だ。このサイズならパーフェクトに近い画像なのだが。

=開放F3.5=
028mc000
 実はコントラストは良いが解像度は大した事は無い。それでも開放からハロが殆ど無く全開のコントラストなのは間違いない。小サイズ写真を想定して低周波の再現に絞って仕上げているのだろう。筆者の嫌いなタイプだがまあいいか(^^;

=一段絞り=
028mc001
 あまり変わらないけど締まった感じ。ハロは皆無になって解像度は微妙に向上している。

=二段絞り=
028mc002
 特に変化は無い。安定している。

=三段絞り=
028mc003
 このあたり前がボケ始める。ピントが移動している模様。

=四段絞り=
028mc004
 全体的に画像がボケ始める。サイズが小さければ見られるだろうが…。

=五段絞り=
028mc005
 ピンボケのようにボケてしまった。これはもう誰が見ても悪いと判断するだろう。

=六段絞り=
028mc006
 全画面に渡ってハッキリ判るほどボケてしまった。これほどボケたレンズは過去にHJCLでテストしたレンズでは存在しない。これが新品の時からだとすればスゲエ製品だな。普及コンデジでもこれよりマシなのはある。


★50㎜
 丁度中間の50㎜である。ここら辺りの画質が良いと使えるのだが…。開放F4.0なのであまりボケない。ちなみに前回もそうだが、一連の記事に書いているテレ・ワイド両端以外の開放F値はα7000のものを表記している。αならどれも同じだろう。

=50㎜全景=
050mc_zenkei
 このサイズだと本当にいいね。これが安物標準ズームの開放だと思うと驚き。だがしかし。

=開放F4.0=
050mc000
 ちょっと大きくすると冴えなくなる。それでもこの画質なら筆者は文句無しだね。こんな画質のレンズは前時代には無かった。

=一段絞り=
050mc001
 微妙なハロが消えて更にシャープ感(←使いたくない微妙な表現^^;)が増した。

=二段絞り=
050mc002
 被写界深度が深くなっただけで特に変化は無い。

=三段絞り=
050mc003
 一寸ボケてきたが使えるレベル。

=四段絞り=
050mc004
 歴然とボケたね。小サイズなら使えるが。

=五段絞り=
050mc005
 ボケボケ。細かい所は解像しなくなって来ている。

=六段絞り=
050mc006
 低照度でノイズが入ってしまったがボケボケが酷くなったのは間違いない。もう普及コンデジにも負けるかもしれない。


★80㎜
 テレ端の80㎜である。この焦点距離で漸くマクロという感じになってくる。

=80㎜全景=
080mc_zenkei
 短い方に比べ稍コントラストが落ちてきたが悪くない。ボケも特にイヤなものは感じられない。開放なのだから合格である。

=開放F5.6=
080mc000
 コントラストが低いが描写は悪くない。やはり開放から全開だ。

=一段絞り=
080mc001
 ハロっぽさが消えて見違えるようにシャープになった。いいね。この辺りはやや昔風。

=二段絞り=
080mc002
 特に変わりなし。超安定。

=三段絞り=
080mc003
 ありゃ?微妙にボケ始めたぞ。コントラストは相変わらず良いがキレが稍不足してきている。

=四段絞り=
080mc004
 完全にボケてきたね。

=五段絞り=
080mc005
 更にボケた。もう細かい部分は解像していない。文字が有ったら気になるレベル。でもノイズが酷いのでよく判らなくなってきた(^^;

=六段絞り=
080mc006
 コンデジ並に転落。だが小サイズなら使える。80㎜はピークの緩やかな安定型だね。ノイズ酷過ぎ。でも解るので直さない(実は環境が変わって撮り直せない^^;)。


★続く
 という事で画質は全画面均質だが絞ると頭打ちが早いレンズという事になった。当初思っていた通りなので意外性は無いが、ここまで早くしかも悪化するとは思っていなかった。