ケチケチ戦術(^^;
ケチケチ戦術(^^;;

消耗品:クリーニング液


 更に問題はクリーニング液だ。消耗品の上に紙よりチョットだけ初期投資が大きい。しかも厳密に言えば期限があり劣化していく。HJCLではレンズ専用液などはもちろん使わない。汎用アルコールで充分だ。ただ一口にアルコールと言っても複数ある。


musui
 常識的にはこの無水アルコールを使う。これがとんでもなく高い。これを高いと感じない人は金銭感覚がおかしいと思う。少なくとも筆者には高過ぎてこんなモノは使いたくない気分。レンズが高々100円(注1)だという事を忘れてはいけない。エタノールはレンズをバラすのにも使うし大量に必要なのだ。無水は基本的にセンサークリーニングにしか使っていない。


iyakuyou
 そこで消毒用アルコールだ。価格的にはこっちを使わない方がバカというくらい明らかに安い。じゃあなんでみんなこれを使わないのか?勿論理由はある。

 無水アルコール(99%以上)と消毒用アルコール(概ね75~80%)の違いは何か?汚れ落としの力は変わらないか消毒用(有水)の方が上の場合すらある。問題は有水は無水と比べ乾燥が遅い点にある。逆に考えれば乾燥が遅くても良いところならこれで充分という事にもなる。筆者は早く乾燥してほしいカメラのセンサー掃除には無水を使い、HJCLのどーでも良いジャンクレンズの掃除用には全て安売りの消毒用を使っている。この時はペーパーを1枚ではなく2枚使って拭き取り工程を加えるのがポイント。これだと乾燥の心配は無用である。


meta
 燃料用はもっと安いのだがメチルアルコールなので毒性が心配である。イソプロピルアルコールは水抜き剤に使われていて安価だが不純物が心配だ。アセトンはプラ部分が確実に溶けるかひび割れるか曇るので絶対に不可。MF時代にもプラレンズやハイブリット非球面レンズはあるのだ。


kateiyou
 更に安いのを発見した(1リッター500円)。これは消毒用だが問題は食品添加物が入っていることだ。早い話が医薬用より純度が低いのだ。ネジ緩め用に買ったが量が多くてもったいないのでどーでもいいAFズームレンズ磨きに使う事にした。プラスチック製のAFズームレンズは後世に残らないので持ちが悪かろうが変質しようがどうってことは無い。玉だけ大切にしても他が壊れるからね。で結果だが現在までのところは大丈夫だ。レンズの寿命までは持つんじゃないか(テキトー)。この格安エタノールを使うようになってから禅除去などだいぶ経済的に出来たと思う。


 次はカビ取りだ。カビキラーを使っている人も多いがHJCLでは使わない。カビキラーがアルカリ性が強くてコーディングに良くないのも大きいが、いつも使わない汎用性の無いモノは使いたくないのだ。早い話カネがかかるから(^^

 カビ取り・油取りは中性洗剤を使う。これはお徳用の大瓶をセールの時のタダみたいな数十円の価格で買う。参考までに大瓶が50円くらいで売られる時がある。スーパーやドラッグストアのセール情報を主婦のように監視しなくてはいけない(^^ ちなみにカビは界面活性剤に弱いっぽい。カビの胞子が作っている水を通さない膜が界面活性剤で破壊されるのだろうか。このようにカビは洗うのが一番。生えかけの表面カビならほぼ痕跡を残さないくらいまできれいになる。超音波洗浄機も使ってみたけど洗った方がはるかに手軽で早い。実際は超音波洗浄機をセットするのが面倒くさいのだが。

注1:レンズ100円と書いたがそれは最近の買い物だけで、平均価格は2018年1月現在では236円である(最大価格864円、最少価格10円)。


 俺たちのケチケチ戦術はまだ始まったばかりだ。他にも出てきたら随時書く。というかそれらはまだ使う状況になっていないんだな。例えばクモリ玉を磨くガラス磨きとかバルサム代わりの接着剤とか。これらもいずれはやってみたいけど何時になる事やら。いつものパターンとして一度やれば飽きるだろうから多数出てきてほしくないのも事実(^^;