MINOLTA AF ZOOM Xi 28-80mm F4-5.6


 前回のタイトルが爆死なのは何でだろう?と思った人も居るだろうが、実は本当に爆死するのは今回の記事である(^^; 画質が片ボケというか部分ボケして無茶苦茶なので分解調査する。

xi2880_2
 今更のように気づいたけどこのレンズってマウントが金属なのね。Xi時代のαマウント廉価レンズはプラ製が当然だと思っていたので意外。


★こんなクソは分解じゃああああっ!
 いやバラして調査しても解らないだろうし元に戻ることも無いだろう。これは直す気が無いというより恐らく直すのは不可能だ。カテゴリは修理・改造だが修理ではない。中はきっとモノスゴイつくりなんだろうな…内部に対する興味本位でバラしたいというのが本音だ。


bunkai01
 まずは定番のゴム剥がしから…がしかし結論を言えばこの行為は全くの無駄であった。これまでのズームレンズとは全く違う構造なのだ。この構造はレンズと言うよりコンパクトカメラの方が近い。


bunkai02
 テープ1はスイッチでした。ご存じの通りこのレンズはリングがスイッチになっている。これはその接点に当たる。


bunkai03
 テープ2も接点だった…。


bunkai04
 テープ3もハズレ…。


bunkai05
 テープ4もハズレ…。


bunkai06
 テープ5もハズレ…。


bunkai07
 最後のテープ6はダブルでハズレ…。結論としてズームリングゴムは外す必要なし。これを外してもズーム・ピント用スイッチ類があるだけで分解とは全く関係無い。これらはそのままで本体は完全に分解できる。


bunkai08
 前オーナーの夢を叶える。剥がしたが銘板はただの名前入りシールだった。結論としては前からは分解できないという事だ。前オーナーは何故か必死に銘板を剥がそうとしていたが、後述のように前玉ユニットは非分解なので前玉を外すのは不可能だ。クラシックレンズの知識はこの際全く役に立たない。


bunkai09
 結局このレンズはマウント側からバラすしかない。これが唯一無二のルートなのだ。


bunkai10
 開けたらどこかのバネが一つ落ちてきた(^^; これもう元に戻すのは諦めた。もともと戻す気もあまり無いのだけど。


bunkai11
 最も怪しいこのネジを外したが何も起こらないぞ?


bunkai12
 パワーズームのスイッチもぶっ壊したが裏に仕掛けは無い。ただシールで貼りつけてあるだけ。これも外す必要は無いのだ。


bunkai13
 と思ったら2つ前の怪しいネジでやはり正解だった。どこかに引っかかっていただけだろう。ごぼっとユニット全体が引き抜けた。


bunkai14
 フォーカス枠が回したら抜けたがどうやって固定されていたのか分からない??元に戻しても抜けちゃうんだよね。これはトリッキーだな。


bunkai15
 HB非球面レンズである。見た目死んでいる感じは無いのだが…。


bunkai16
 うーんやっぱり止め方が判らない。それと気づいたのだが絞りが全開にならない仕様だな。本当はF4ではなくF3.5なのではないか?


bunkai17
 カムパイプもエンプラ製だ。どのくらい持つのかな?それよりヘリコイドオイルがヤバい。


bunkai18
 何故かと言うと知らないうちに絞り羽根に油が回っていた(^^; これって設計の手抜きと言うか欠陥だよな。オイルバリアが無いんだもの。使っているうちにいつか必ず油が回るはずだ。絞りの掃除は難しいね。全バラする覚悟でないと不可能に近い。分解せずに綿棒などで根気よく拭けば取れるかもしれないが今は時間が無いしやってられない。


bunkai19
 何とか元に戻した。


bunkai20
 がしかし、例の小さなバネはやはり何所に付くのか分からない。あとフォーカス枠が抜けてしまうので止めたいのだがストッパーは無いのか?(^^;


bunkai21
 まあいいや。それと上でも書いた通りこのレンズの広角側の開放はF3.5らしい。開放でも絞りが開ききらないようだ。レバーのストロークが足りないだけなのか、それとも最初から設計でそうなっているのかは分らない。

 この開放半絞りの差は大きいので無理やり広げてみよう。方法は絞り連動レバーを外してしまうのだ。もちろん自動絞りどころか開放専用になってしまう。がしかしどうせもう元には戻らないレンズだし構わん。当初羽根を取ろうと思ったが金属板でサンドイッチしてあるので面倒そうで止めた。もしかしたら別のレンズでやる事があるかもしれない。連動レバーを外して絞り全開にしてみたら確かに半絞りくらい明るくなったが画質が更に悪化しただけで大して意味は無さそう。作例写真は誤って消してしまった(^^; これで終わりです。


★終わり
 やはり完全には元に戻らなかったか(^^; いずれこのレンズを開放F3.5の絞り無しマニュアルフォーカス専用レンズに改造するか、玉だけ取り出して遊び材料にしたい。次回このレンズをバラす事があったら分解の仕方は判ったので運が良ければメンテぐらいはできると思う。Xiシリーズは皆同じっぽいので他のXiレンズでもバラせるだろう。いい勉強になりました(と思わないとムカつくからな^^)。

 それにしても複合非球面レンズ使用のレンズは謎の不良が多い。筆者は複合非球面レンズそのものに経年問題が出るのではないかと推理したのだが、今日見た限りでは不具合らしきものは確認できなかった。非球面が見えない範囲で変形しているのかな。プラ複合レンズは高々60℃程度で死亡するレンズなのだから短期でこのような不具合が出ても全く不思議はない。新品で買ってはいけないレンズだね。少なくとも筆者は絶対に買わない。