MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6 II


AF28-80mm F3.5-5.6II①

 今回は中距離テストを行なう。標準ズームは焦点距離が短いため通常中距離と遠距離を兼ねるがこのレンズの場合は遠距離と分けてみた。実は当初28、35、50、70、80㎜に分けたのだが写真を上げるのが面倒なので抜いた。いわゆる手抜きだが傾向は似ていたので問題無かろう。


★28㎜(開放F3.5)

=開放=
028m000
t028m000
  すまない、都合により全景はこの大きさしかないんだ。全景のサイズだと特に問題なく見える。等倍では遠景では目立たなかったフレアーっぽさが出ている。一寸コントラストが低い。

=1段絞り=
028m001
t028m001
 一段絞って真ん中は最高画質だが等倍だと絶対値的に足りない。本質的に写真レンズは画角に弱い。つまり広角レンズは画質が良くないものなのだ。それを標準レンズとして使おうとすれば結果が出ないのは当然だ。

=2段絞り=
028m002
t028m002
 広角側のケラレはかなり大きいらしく周辺光量は不足するが、空のトーンが落ちるのでむしろ好ましい。真ん中は変わりなし。

=3段絞り=
028m003
t028m003
 等倍は開放以外変わりなかった。つまり一段絞ればもうそれ以上絞る事は無いという事だ。


★50㎜(開放F4.5)

=開放=
050m000
t050m000
 遠景と同じくハロっぽい。これは絞れば解決するだろうと予測ができる。

=1段絞り=
050m001
t050m001
 予想通りガツンとコントラストが上がった。

=2段絞り=
050m002
t050m002
 1段絞りと同じで最高画質だ。

=3段絞り=
050m003
t050m003
 ここで早くも画質低下の傾向が見える。画質重視なら3段以上絞ってはいけない。


★80㎜(開放F5.6)

=開放=
080m000
t080m000
  遠景と同じくやはり開放はハロがあるが、バックが空に抜けているだけに目立たない。開放から普通に使える。等倍ではややピントが悪く見える。ただポートレートのような用途ではこの方がイイだろう。特に女性ポートレートはキリキリにピントが良いと嫌われる(^^;

=1段絞り=
080m001
t080m001
 ここでガツンと画質が上がるが絶対値的にはあまり高くない。小サイズが本領のレンズだ。

=2段絞り=
080m002
t080m002
 ここでピント移動発生。遠景でも出ていたが等倍だとかなり目立つ。厳密な撮影では絞ってから合わせ直しが必要だ。

=3段絞り=
080m003
t080m003
 コントラストは2段絞りと変わりないがピントがボケてきている。やはり早熟レンズだ。


★続く
 次回はマクロ撮影テストを行なう。