SMC PENTAX-FA 28-80mm F3.5-4.7


 前回も書いたようにクモっているっぽいレンズだが、調査のためバラす前に思い残す事が無いようにテストしておく。パワーズームはバラしたら元に戻らない可能性が高いから。ちなみに手動ズームは復活したので焦点距離を変えられるようになっている。


1_048i045
 JRの送電線。50㎜の開放(F4.5)でシャッターは1/1000である。ピントは合っているけど解像している感じが無い。コントラストはクモリのせいだが解像度が低いのはレンズの個性である。


2_080i047
 同じ位置から80㎜の開放(F4.7)でシャッターは1/640である。1インチ未満の普及版コンデジよりややマシな程度か。なお28㎜が無いのは撮影に失敗したから(^^; 28㎜も大した事は無いです。


3_050i045
 JPEG圧縮が掛かりにくい画像(^^; このような写真は解像度の低いレンズて撮ると悲惨なものになりやすい。このレンズの場合は…まあクモっているから仕方が無いけどギリギリ及第点と言ったところか。50㎜の開放でシャッターが1/200である。


4_050i045
 等倍で見てみる。人の顔は分るけど「お知らせ」はちょっと読めないですね(^^;


5_050i045
 ムカついたのでデジタルインチキ処理をしてみた(^^ コントラストを上げてシャープも掛けている。がやっぱりあと一歩足りない。解像しているレンズの画質はデジタル処理で改善できるが元々原画に無い物はどうやっても出てこない。「お知らせ」は日本語なので前後関係から大体読めるけど。コントラストが低いのはあまり気にしなくて良さそう。


6_028i035
 公園の中心部。28㎜の開放(F3.5)で1/1250である。こういう風に撮ると28㎜でも広角感が出る。こうして見てもクモリがハッキリと判る。


7_028i035
 西門前から夕日を逆光で写す。クモリで拡散するのでSMCでもフレアーっぽい(^^; でも眩しい感じは充分出ているのでこれで良いかも。これは28㎜の開放でシャッターは1/1000である。日が沈むのでテストも終了だね。


8_050i045
 今日も千駄山演習場にてテストした。おなじみ解像度テストだが御覧のように暗くなってしまったので参考記録。50㎜開放でシャッターは1/320なので殆どブレは無いと思うが。


9_050i045
 等倍で無理やり明るくする。この周辺案内図の細かい文字がハッキリ読めるレンズは今後出て来るだろうか?廉価標準ズームでは無理だと思うけど楽しみにはしている。ちなみに書いてある文字は知っているので読めてしまうけど、初見で見たとしたら絶対判らないだろう。


 はー疲れた。いつも「作品」風にならないようにしようと思っているのだが、こうして並べるとやはり作画を意識してしまっている(^^; 修行が足りんな。それはさておき絞りをいちいち書いたけどよく見たら全部開放だった。あとテレ端80㎜をもっとテストしたかった。

 画像を見るとやはりクモっているのでコントラストや色はアテにならない、と言うかこれで評価したらレンズがかわいそう。この写真で判るのはピント個性と歪曲だけか。まあ実際デジタルでレンズ評価できるのはそれだけなんだがな。