MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6 II


AF28-80mm F3.5-5.6II①
AF28-80mm F3.5-5.6II②
AF28-80mm F3.5-5.6II③
AF28-80mm F3.5-5.6II④
AF28-80mm F3.5-5.6II⑤

 前回に引き続き千駄山演習場にて撮影テストを行なう。いやー、何しろ人が多くて何か変な物は撮影しづらいな(^^;


ippan018
 実際今日は開花宣言が出た桜を撮りに来たんだよな。


ippan019
 あー、家が邪魔だな。世界の黒沢なら「あの家を取っ払え!」というところだが(^^


ippan020
 枝垂桜。開放だと一寸ボケるので変な感じ。もっと明るくして色も変えればいいのかな。


ippan021
 夕日なので色が偏っている。


ippan022
 花見の客もだいぶ帰って御覧の通り。逆光なので月の輪が出ている。


ippan023
 枝の先までピントが来る予定だったのだが…(^^;


ippan024
 だんだん桜に飽きてきた。ここで見せたカットは少ないが、実は他のカメラやレンズでも撮っている。


ippan025
 毒々しい色を狙ったが、レンズが期待以上に応えてくれてしまった(^^;


ippan026
 やはり80㎜開放だと滲んでいるんだなあ。


ippan027
 50㎜でもやはり滲む。滲まないのは35㎜以下だろう。


ippan028
 28㎜では全く滲まないね。コントラストの面からみると広角側が良いレンズとなるのだろうが…オレはそうは思わないな。


ippan029
 保谷市のマンホールの蓋。こういう所にカメラを向けているとそこら辺のジジイが「何かいるの?」と聞いてくるのが笑える。「別に何も居ないよ」と言うと怪訝そうな顔をして去っていく。写真をやるものと一般人の差はこの辺にあるのだろう。


ippan030
 今日は生憎電車は通らないな。これも光源が入ったので月の輪が出ている。


ippan031
 順光だとこうなる。すでに日が暮れかけているのでもう撮影は終了かな。


ippan032
 もっと引いててっぺんまで入れて月を右に寄せたかったが、これ以上引くと車に挽かれるんだよ(^^;


ippan033
 開放でボケのテスト。やっぱり人とか動物とか、生ものをを撮るのに良さそう。シャッターがヤバくなってきたのでこれでお終い。


★エピローグ
 αマウントレンズはMFだと非常に使いづらい(ピントリングの話ではない)のは確かだがひと癖あるレンズが多く、これを一介のビンボージジイやワケワカラン初心者に渡すなんてもったいない。MFの癖玉なんてチョロイと思えるくらい「操る楽しみ」がある。レンズを知り尽くした(と自分では思っている^^)ベテランにこそ、この難解な面白さを知ってほしい。よく写らなかったら使い方が悪いか(←殆どコレ^^)レンズが逝かれていると考えて良い(この時期のHB非球面レンズは短期間で逝かれやすい)。

 かく云うオレ自身、今まで蛇蝎のごとく嫌っていた90年代のプラスチック製AFズームレンズがこれほど面白いとは思わなかった。80年代以前の味は無い、かと言ってデジタル時代のような明快強烈なコントラストも無い90年代レンズ。造りは安っぽく持つ喜びも無いこれらのゴミ(扱い)レンズで何かの拍子にスゴイ画像が出来てしまった時の快感は忘れられない。

 加えて金属時代のMF単焦点は(容易に手に入るものは)粗方使って使いまくったので飽きてしまったというのも大きいかも知れない。未知の領域はいつだってワクワクする。いずれ(現時点では)クソ呼ばわりしているデジタルレンズを使って未知の驚きを感じているかもしれない。レンズの楽しみにゴールと言う到達点は無い。