HJCLではデジタルイオスでは動かないシグマのAFレンズ(主に80~90年代)を以前からΣEFまたはΣイオスと呼んで区別している。そのネコマターですらまたいで通っていたΣEFをこれからはまたがずにキッチリ検品する事にした。何故か他マウント以上に高いのが多いので買う事はあまり無いだろうが。殆どのデジタルイオスで動かないものが他のAFマウントのレンズと同じ値段で売れると店は思っているのだろうか?どう考えたって売れるわけないじゃん。買うのは情弱だけでしょ。ちゃんと動くAFカメラが実売されている不人気αマウントの方がまだ売れる要素と可能性がある。レンズメーカーのEFマウントレンズはもっと投げ売りしてほしいと思う今日この頃。タモ論EFは正式にライセンス受けているらしいのでほぼ全部動くようだが。


★大根の観察(^^;
daikon01
 大根は順調に生育している。四つの中では一番枯れそうだった株から最も早く蕾が出るとは思わなかった。花が咲く時は茎が倍以上に伸びるはず。そろそろ自立しなくなってくるので対策が必要だ。

 この写真はクソレンズ王ことミニズーム・マクロで撮影したが(80mm、F5.6)、やはりこのレンズはHB非球面に不具合があるようだ。恐らく熱により非球面が変形しているのだと思われる。HB非球面使用のジャンクで不具合が無い製品はかなり少ないのではないか。


daikon02
 次に花が咲きそうなのはコイツかな。これは一番葉が出ていた元気の良い株だが環境が悪かったからか?他の二つはまだ蕾が確認されていない。一つは去年からあるはずなのだが風呂場に置いておいたのがいけなかったのか(^^; これもミニズーム・マクロで撮影した(80㎜、F5.6)。多分マクロモードに入っている。

 他の二つは生育が遅い。蕾の出ていないこの段階ならまだ食べられるので「食べちまおうか?」という考えも頭をよぎる(^^


★魅惑の大口径(^^
mino1
 流石に開放だとピントは殆ど幅が無いな。この写真、別にボケチェックをしようとしたのではなく、手すりに虫が止まっていたのを撮ろうと思ったらピント合わせの間に逃げられたのだった(^^;


mino2
 レンズ以外には全くピントが来ない。さてこのレンズは何でしょう?ヒントはまあ被写体だからすぐ判るな(^^