以前から事あるごとに書いているが、HJCLの買い物ルールは「500(540)円を超えるレンズは買わない」「100(108)円を超えるキャップ類は買わない」だ(注)。このルールが出来る前に3本だけ500円を超えるズームを買っている(3本とも864円)が、それ以外は全てルールを守って買っている。それらを商っている人には申し訳ないが、ジャンクレンズは絶対必要なモノではないので予算が合わなければ絶対に買わない。当方としては「売れないモノを引き取ってあげよう。感謝しろよ!」という上からの姿勢だ(^^

注:私物は除く。私物は1000円くらいでも買ってしまうかもしれない。付け加えると私物でズームレンズを買う事は100%無い。私物は写真を撮るためのレンズなのでズームは必要無いからである。


北巡回[18/04/01]
 いつも通りの北巡回、いつも通り不振でした(^^;

=SUPER COSINA 75-300mm F4.5-5.6=
 買うものが無いので何となく気の迷いで買ってしまったが、ハッキリ言ってこの状態なら100(108)円が限度だな。でも他に買うものが無かったので仕方が無い。

scosina75300_kakaku
 何とシールの下から800(864)円のシールが…こんなカビ+ボロイのがこの価格で売れるわけないじゃん(^^; 200(216)円でもやっちまったか?と思っているくらいなのに。

scosina75300_kabi
 何しろこれだからなあ。向う側は何とか見えるけど撮影したら滅茶苦茶になるはず。

scosina75300_300
 でこれだ。これはテレ側だが掃除して元に戻るか?と言われたら可能性は一応あると考えられる。ただ全部の玉がカビている可能性があるので、その場合は全バラして果たして元に戻るか?という心配がある。筆者は過去の経歴からズームレンズを全バラすると復活率は67%しかない(^^;

scosina75300_075
 ワイド側は玉が接近する(=拡散しない)からか大して影響は無い。ピント合わせの時に感じたが解像力の低さを感じる。これはカビとは関係無しに元々の性能だと思われる。この会社はかなり早い段階でコントラスト側に振っていたから意外ではない。筆者が良玉と思っている28mmF2.8は開放からコントラストが良かった(但し最終型のみ)。

=キャップ類=
 キヤノンは私物のFL2835にFDのキャップが付いていたのでゲト。Σはまたパンテレ時代の奴を買いそうな「気」がするのでゲト。αはこれからも買い続けるだろうからいくらあっても困らない(ハズ)。OMは必要なのは純正ではないのだが無かったので仕方が無い。マイナーメーカーは選択の余地が無いのだ。

=レンズケース=
 夏まで持つように2つ買ったのだが未だに蓋が無いので使えない(^^; 色違いの蓋はイヤだからなあ。


南多摩巡回[2018春]
 去年の南多摩はゴールデンウィークに巡回したが、その時のGWセールがしょぼかったので今年はパス(^^

PENTAX *ist D
istd_ura
 ジャンク品だが中古品であってもAクラスまではいかないがひょっとするとAB+くらい行くんじゃないか?ケーブルレリーズの蓋が無いけど、これが動かないなんて絶対有り得ない。ゴム類は洗濯中だ。本体は消毒雑巾・濡れ雑巾・乾拭きと三段階クリーニングを経て更に磨きが掛かったところで満を持して電源を入れてみる。

istd_ekishou
 ホラ電源が入った。「電源が入らない」という値札の呪いは撃ち破られた。という事で多分撮影も可能だと思う。単3使用のカメラが3台になってしまったのでエネループをもっと補強せねばならない。電池全く足りていないし(^^;

hagiwarasyscom_2gb
 ちなみにCFがおまけに付いていた。HJCLにはCFはあまり無いのでこれだけでも戦力になる。

=SIGMA ZOOM 100-300㎜ F4.5-6.7=
lens180408
 フードは無事着いたがレンズ自体は前玉裏にカビ生えているし一寸高かったかなとも思う。常用のKマウントだったのでつい釣られてしまった。今日だけで平均価格が8%も上がってしまった。

sigma1003004567
 カビている割にはコントラストが良い。コントラストにはあまり影響しない前玉だけだからだろう(スポットだし)。もちろんレンズの性能が良い事もあるのだろう。

TAMRON 178D 80-210mm F4.5-5.6
178d_080
 80㎜。玉がキレイなのでコントラストは良い。あとはこのレンズの性能だけ。

178d_210
 210㎜。特にケチを付ける所は無い。

TAMRON 62DP 90-300mm F4.5-5.6
62d_090
 ガビーン!玉はキレイだったがクモっていた(^^; 90㎜だがコントラストがまるでつかない。

62d_300
 300㎜は手ブレしてしまったがコントラストが低いのは判るだろう。上のシグマと比べれば一目瞭然。

=フード類=
 実はSH521と間違えて買ってしまったSH551はそのうち使われるのだろうか?なんのフードだか忘れちまったので調べてみたらあのAT-X M90のフードだった…そんなレンズ絶対に買わねえよ!流用が効くかどうか調べてみよう。同腹のVivitar Series 1とは形状違うし役に立たねえなー。

=キャップ類=
 トラベナーに付いた。


南巡回[18/04/28]

=SIGMA ZOOM 28-80mm F3.5-5.6 II MACRO=
minizuummacro2a_1
 前玉がグチャグチャだったが裏ワザでキレイになった。α-7000ではまともに動いているようだ。

minizuuomacro2a_2
 50㎜。中心部に極僅かだがハロが認められる。

minizuuomacro2a_3
 それの等倍。この時期のΣはコントラストだけかと思ったが、これを見ると案外解像力重視系なのか?

=SIGMA ZOOM-α 35-135㎜ F3.5-4.5=
 残念ながら後ろから二枚目辺りにクモリが入っている。これを磨かないとダメだね。α-7000でテストしたらコントラストのせいでAFが動かない場合があった。

=MINOLTA AF ZOOM 70-210mm F4.5-5.6 II=
 α-7000でのテストでは完全に動いている。コントラストも問題無い。

=MINOLTA AF ZOOM 75-300mm F4.5-5.6=
 何となくAF等メカが不安だったがα-7000では動いた。ただカビが生えているので清掃しないと使えそうにない。

=SIGMA UC ZOOM 28-70㎜ F2.8-4=
 何とヘリコイドが不良だ。∞付近でうまく動かないのだ。これは筆者が掃除する時かなりガキガキ動かしたせいではないだろうか。AFはダメかもわからんな…。

uc2870_k
 不安だったが動く事は動いた。画質はミニズームマクロの方が良いが、このレンズの良さはHB非球面を使っていないところ。お陰で経年劣化が少ない。だがしかし、禅なのでそろそろ時限爆弾が爆発の時を迎えそう(^^;

=MC135/3.5フード=
=MC28/3.5フード=
=MD50フード=
=キャップ類=
 いずれ役に立つだろう。