注意:一見さんの為に書いておくが、このネコマタギレンズ研究所は我々HJCLの研究発表の為の同人ブログである。決して読者のカメラライフを豊かにするために書いているのではないので、役立つ情報を求めて検索でやって来るアナタは歓迎されませんm9(^^

 本日6月1日(写真の日)にHJCLが一周年を迎えた。石の上にも三年だから少なくとも三年は続けたい。三年持ったら本当に写真のブログに転向するかも。フィルムを使った本当の写真もあと10年くらいで終わりだろうから最後にひと暴れして足跡を残したい。

 このブログはHSDLブログを読んでいるのが前提条件となっている。そうでないと意味不明な部分が多い。それとネコマタギレンズ研究所の真の読者は大体10人くらい居ればいいと考えている。望ましい読者の条件は「レンズ製品・光学に関心がある事」が大前提。とにかく我々と同様に日夜レンズ研究を続けている人だけが読む資格を持つブログなのである。読んだ時に「そうだったか。オレもあのレンズでやってみよう」「あれ俺の結果と違うな?何故だろう(と自分で考え試行錯誤する)」等と思うのが読者の在り方だ。これだけでそこら辺のただのカメラ好き一般人はサヨウナラ確実で、日本中で読者10人目標と言うのが真実味を持ってくる。外国も含めれば仲間が一杯居るんだけど残念ながら英語で書くほどの語学力は当方には無い。


★リンク

https://jmty.jp/
 カメラやレンズを処分したいが店に持って行くのは面倒くさい。ただ同然で良いので取りに来てもらいたい。そんな希望があったのだがなかなかうまく行かない。オークションはイヤだね。基本的に顔が見えない取引は嫌いなのだ。こういうので近くに住んでいる奴にあげちまうのが一番かな。


>富士「黒白フィルム」販売終了へ
https://mainichi.jp/articles/20180407/k00/00m/020/010000c
https://www.asahi.com/articles/ASL466H20L46ULFA02T.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/09/news043.html
 デジタルで充分のカラーを止めるなら話は分るがモノクロを止めるのか。さようなら富士フィルム。元々好きな会社ではなかったけどもうシラネー。


★行方不明
 以前から何度か書いてきた行方不明レンズだが、HJCL一周年を以て「これらのレンズはもう存在しない」と断定し死亡宣告(登録抹消)する事にした。これらのレンズの多くは平凡以下の性能でありもう一度使いたいとはあまり思わないが(一寸は思う^^)、行方不明で知らない間に消えるのは残念だしムカつく。

AUTO CIMCO 28mm F2.8(66xxx) [1995/??/??-2018/06/01]
SMC Takumar 28mm F3.5(612xxxx) [1996/10/26-2018/06/01]
SMC Takumar 35mm F2(???????) [2000/??/??-2018/06/01]
EBC FUJINON-DM 35mm F2.8(55xxxx) [1996/02/28-2018/06/01]
EBC FUJINON 55mm F1.8(89xxxx) [1996/04/18-2018/06/01]
NEW FD 35mm F2.8(84xxx) [1996/??/??-2018/06/01]
NEW FD 50mm F1.8(911xxxx) [1993/??/??-2018/06/01]

 M42のEBCフジノンだけはデジタルで一度テストしてみたかったな。それ以外はモノ自体よりも金銭的な損害(笑)が気になる。金銭的に言えばこれらを売って型落ちのDSLRが余裕で買えたんじゃないかと(K-7やα550クラスなら充分イケる^^)。

M42→EOS(1993/??/??)
M42→FD(1995/??/??)
M42→α(1995/??/??)

 これらは現在も所有しているハズ。αなんて当時はM42が付かないとレンズが1本も無いのだから絶対に売る筈が無い。EOSだって末期は3本しかなかったし。当時の新品価格はソコソコ高価(国産だったので数千円)だったはずなので絶対に探す!と心に誓う。しかし心当たりは全く無いので探すアテはないが…(^^; 誰かに貸したきり忘れてるのかな。


★魅惑のThレンズコレクション(^^
 Thレンズは世間的に高評価のモノが多く価格もそれなりに高価なのが多い。そのため特に努力して集めている訳ではないが、こうして数えてみると結構集まって来たな。そろそろ放射性廃棄物としてレンズの周りを鉛板で囲うとするか(^^ こんな事を書くとバカが釣れそうだが。

Asahi SMC Takumar 55mm F1.8
Asahi Super Takumar 50mm F1.4
Asahi Super Takumar 55mm F1.8
Canon FL 50mm F1.4 I
Canon FL 50mm F1.8 I
Canon FL 55mm F1.2
Canon R 50mm F1.8
Fujica Fujinon 50mm F1.4
Mamiya Sekor 55mm F1.8
Olympus Zuiko 50mm F1.4 (Silver nose)
Olympus Zuiko 55mm F1.2
Yashica Yashinon DSM 50mm F1.4

yashinondsm5014
 20年前に新品と言うか未使用箱入りで5000円で入手したヤシノンDS-M。当時はヤシノンなんて一部を除いて集めている奴は居なかった。店に一杯余っていて店員に泣き付かれて仕方なく買った。つまりトミオカ厨房なんて全員ニワカって事だね。ちなみにMACRO YASHINON 60mm F2.8も未使用箱入りで有るし、実はうちのバヨネットのヤシノンは全て新品(格安)購入だったりする。ジジイどもは何で今になって騒いでいるのか不思議。安い時に買えよ(^^;

 並べてみるとやはり標準系・大口径レンズが多い。上の記事で登録抹消したSMC Takumar 35mm F2もそうだったし、前世紀に売却したMC Rokkor 28mm F2.5もそうだったけど、これはもう売却済みが確定している。売っても売らなくても経済状況に変化は無いのだからもっと支えていればよかった。どうせ「3000円が9000円になったので帰りに駅前で中華料理でも食べて帰ろう(それで儲け全部消費^^)」とかその程度だろう。

 定期的に設備更新しなければならない職業写真家は別として、ただのレンズ愛好者なのに所有レンズを売ってしまう奴はバカというのが筆者の持論である。本当に好き者ならあとで絶対後悔するよ。売っても良いのは新しいほど性能が上がる実用目的のズームレンズくらいか。これらは事実上使い捨てなので定期的に更新しても問題ないし後悔も無い。