SIGMA ZOOM-κ 100-200mm F4.5


Σズームカッパー①
Σズームカッパー②

 前回クモリ取りを行なったのでそれの結果を確かめるべくテストを行なう。さてどこまで改善したか?


★前回と比較
100m050_045org
 前回はこれですよこれ!(^^; 濃霧注意報でも出ているの?と言うくらいの激しいクモリ。これではデジタル処理でもかなり厳しい。


050m_100mm
 でこれがクモリ取り後。劇的に改善した!もう同じレンズとは思えないくらい違う。ライトが上は曇りでこちらは晴天逆光なので違うが、コントラストが大幅向上しているのはハッキリ判るだろう。まだ全体的に薄らとカブリが残っているが、この程度ならデジタル処理抜きでも実用になる。これで実用できると満足するか、まだまだ全然ダメと思うかは人それぞれだろうが。


★遠景チェック
 無限遠のピントを見るべく遠景を写す。このマンションがちゃんと写っても正常とは限らないが、少なくともこれでボケていたら調整は狂っている事になる。


700m_200mm
 まず200㎜だがチョット700mには足りない感じ。いやこれでピントは合っているのだが700mギリギリという事は∞は無理なんだな。


700m_120mm
 次は120㎜。その前の140㎜も同じ傾向だったがこのレンズは中間画角で一番ピントが遠いのが判った。700mでもまだ余裕がある。補正がCZ-715のようなタイプだな。


700m_100mm
 100㎜もギリギリっぽいが深度が深いのでまあ満足できる範囲。という事でこのレンズの∞調整をするとしたらテレ端で無限を出せばいいのだな。但し筆者は余裕を見て少々オーバー∞にすると思う。


★続く
 40Aと同じくらいには改善されたので次回は定型テストをしてみる。