TAMRON CZ-715 70-150mm F3.8


TAMRON CZ-715①
TAMRON CZ-715②
TAMRON CZ-715③
TAMRON CZ-715④
TAMRON CZ-715⑤

 前回の続きで今日こそ桜の写真(だけじゃないけど)。最後以外全部開放だ。


hana001
 うーむ。やはりイイ。ピントは細かくちゃんと来ているのに低コントラストでソフトな画像。これはデジタルレンズでは不可能なのだ。まあソフトウェアで頑張れば出来るかもしれんが…。70㎜辺り。


hana002
 120㎜が最も良い画質だがコントラストは高くならない。


hana003
 うーむ、でもやっぱりこれだよな。ボケも悪くない。周辺光量?何でそんなの気にすんの?


hana004
 わざとでもないし失敗したわけでもない。天然でこの描写なのだ。


hana005
 ちょっと手前がボケてしまい失敗だ。この焦点距離だとボケがウザいかな。


hana006
 桜でないのもいってみよう。中間画角だと常識的な描写になる。


hana007
 同じ開放でもここまで変わる。


hana008
 同じ焦点距離で蒲公英を撮ってみる。咲いている花よりしぼんだ花の描写が好きだ。実に細かい。


hana009
 アップしてみる。一寸ボケすぎたか?


hana010
 同じソフトでも、この産毛みたいなのがちゃんと描写されていないと捨てたくなる。


hana011
 今度はちゃんとボケた。


hana012
 もはや前衛的で何を狙っているのかよく判らん(^^;


hana013
 これは色だな。まずい、だんだんお作品になって来てしまった(^^;


hana014
 最後に。低コントラストで味のあるこのレンズも使い方を失敗するのこのようなデジタルな描写になってしまう。これが良いと思う人は今のレンズを使えばいいのだ。


★終わり
 このレンズはバラしてから絶好調になったので分解・組み立て・調整が上手く行ったレンズの代表と言えるだろう。もう一本買ってまたバラしてみるか?それで違いが出ればハッキリする…と言う邪な野望が脳裏をよぎったりして…止めた方が良いな(^^; このレンズを間違えて買ってしまった時は「久々にやっちまった…」と思ったが、結果的には良い買い物になったのかもしれない(同時にNKJ5014を同価格で買っているので元々損はしていないけど)。やっと満足できました。