ネコマタギ★レンズ研究所

ジャンク屋の箱の中で引き取り手が無いレンズを好んで研究するブログである。

QZ-210

TAMRON QZ-210③

TAMRON QZ-210 85-210㎜ F4.5


TAMRON QZ-210①
TAMRON QZ-210②


★近接撮影
 遠距離・中距離だと筆者的にはあまり面白くないので、最短撮影距離2.0mを顧みることなく近接撮影に挑戦した。しかも今回は得意のプロクサーも使わずにどこまで撮れるかやってみる。モデルは最早おなじみとなったヤシカ・エレクトロ35GSである。写真撮影では一度も活躍していないけどモデル代だけで291円は償却できたかな(^^


★85・100㎜
 流石にこの焦点距離だとかなり倍率が小さくなってしまうので断念した。一応開放撮影だけはテストしている。

=85㎜=
080mc045
 やはり小さいね。「カメラの撮影」というよりは「カメラのある風景」と言う感じ。ピントがかなり前ピンだが、これは210㎜を一番最初に撮って、そのピントでズーミングして焦点距離を短くしていったためだろう。という事はピント移動は多少大き目という事になる。カムは減っていないので元からだろうね。

=100㎜=
100mc045
 これでもまだ小さい。ハロが稍あるがピントはまともな所に結んでいる。断定はできないが単焦点に行くほど前ピンになるという事か。これはズームによって違い、中間焦点距離が一番外れるのも多い。外れる方向は前ピンが多いようだが。


★120㎜
 このくらいだと一寸余白が大きいがカメラの写真として撮れる。一応全絞りチェックしている。F4.5とF5.6は差が無いか?と思ったが、実際並べてみると顕著な違いが出た。

=F4.5=
120mc045
 昔っぽいハロのある描写だ。ピントはもうちょっと前の方が良かった。だが敢えて合わせ直さないようにしている。

=F5.6=
120mc056
 半絞りだがハロが半減している。この感じなら「多少ソフトな描写」という事で実用になりそうだ。ピントをキリキリに出すと嫌われるポートレート向きかな。

=F8.0=
120mc080
 ハロはほぼ消えた。コントラストも大幅に上昇して普通の描写になっている。ただ個性が感じられなくなってきているが。

=F11=
120mc110
 描写は変わらないがピントが深くなって全体にピントが来ている。カメラの写真としてはこれで充分だろう。

=F16=
120mc160
 バックのボケがハッキリしてきただけ。蛇足ですね。

=F22=
120mc220
 やや明るくなったのは絞りが閉じ切っていないからだろう。回折による悪化は見られない。深いピントが必要な時は遠慮なく絞れる。


★150㎜
 この焦点距離がカメラ撮影にはちょうど良いかな。

=F4.5=
150mc045
 流石にハロっぽくてハイライトに滲みが感じられる。ピントに芯があるのでこれはこれで使い道はあるのだが。

=F5.6=
150mc056
 半絞り絞ったがピント位置の関係で全体的に良く見える。カメラの物撮りではなく静物写真ならこの描写もアリだと思う。

=F8.0=
150mc080
 ハロはほぼ消えた。エレクトロマークが少々ボケているがカメラの物撮りとしても使えない事は無い。

=F11=
150mc110
 コントラストも最高になり物撮り写真としてはこれまでの中で一番だろう。

=F16=
150mc160
 更にピントが深くなったが画質に変化は無い。安定している。

=F22=
150mc220
 厳密に言うと真ん中あたりがボケているが実用にはなる。ピントを深くしたければ一杯まで絞り込んでも良さそうだ。


★210㎜
 テレ端だとかなり大きく写せた。これだとちょっと窮屈か?ピントが浅くなるのも不利だ。

=F4.5=
210mc045
 今までのテストで最大のハロが出た。これは特殊用途だが味わい深いと言えば味わい深い。90年代以降のレンズではまず見られない画質だ。

=F5.6=
210mc056
 半絞り絞ったがハロはまだずいぶんある。このハロは中距離や遠距離では見られなかったものだ。

=F8.0=
210mc080
 F8まで絞ってもまだハロがある。近接撮影ではかなり収差が悪化するのだろう。最短撮影距離を伸ばさなかった理由が何となく判る(^^

=F11=
210mc110
 流石にここまで来るとハロは見られない。ピントも深くなって物撮りとして成立する。

=F16=
210mc160
 ピントがさらに深くなった。回折の影響は出ていない。

=F22=
210mc220
 F22まで来ると微妙にコントラストが低下してきたが使えない訳ではない。


 かなり遠くに離れる必要はあるが一応近接撮影も可能であった。もっと近づきたければプロクサーを使うしかないな。取りあえず撮影条件を整えれば近接撮影も可という事で。


★一旦終了
 晴れたので頑張って外に持ち出そうかと思ったけど、最短撮影距離を思い出して一般撮影をする気にはなれなかった(^^; またいずれ何かの比較で持ち出されるだろう。

TAMRON QZ-210②

TAMRON QZ-210 85-210㎜ F4.5


TAMRON QZ-210①

 今回は中距離のテストである。全焦点距離で開放F4.5~F11までチェックした。


★85㎜
 まずはワイド端の85㎜である。全絞りに渡って使える。絞ってもあまり変化しない。

=F4.5開放=
085m045
 昔のズームにありがちなハロハロ画面を想像していたが殆ど滲みは感じない。コントラストも付いてよい画質だが、後ろの電柱の辺りと上のワイヤーハーネスの辺りのボケにやや不安がある。非点隔差が開いている描写だ。

=F5.6=
085m056
 半絞りだがコントラストが良くなっている。感じなかったけどハロが微妙にあったようだ。非点収差は絞っても本質的には変わらないが、ピントが深くなった分だけ目立たなくなる。

=F8.0=
085m080
 F5.6と殆ど違いは無いが周辺部の描写が上がっている気がする。気がする程度なので安定した描写と言えるだろう。

=F11=
085m110
 ここまで絞るとパンフォーカスに近くなり破綻は見られない。写真は示さないがこれ以上に絞るとF16は良いとしてF22は全体的にボケ始める。


★100㎜
 この焦点距離では開放以外は安定している。

=F4.5開放=
100m045
 この焦点距離では85㎜の時に見られなかったハロが発生している。代わりに非点隔差はまともになってボケが改善している。

=F5.6=
100m056
 半絞り絞って微妙に改善した。

=F8.0=
100m080
 この絞りで明らかに画質が向上した。85㎜よりも良いように感じるが微妙な差である。

=F11=
100m110
 特に変化は見られない。


★120㎜
 ズーム目盛では中間となる120㎜である。

=F4.5開放=
120m045
 ハロが更に増えたが非点収差がさらに改善している感じ。筆者はどちらかと言えばこの焦点距離が良い。

=F5.6=
120m056
 半絞りなのでガツンと言う感じではないがハッキリ球面収差のハロが改善した。

=F8.0=
120m080
 ハロが完全に消えて更に全画面に渡ってコントラストが上昇。

=F11=
120m110
 ピントが深くなっただけですね。


★150㎜

=F4.5開放=
150m045
 開放のハロはこの焦点距離が一番大きい。尤も子のハロは使い道もあるので必ずしも有害と言うわけではない。バックのアウトフォーカス部分は非点収差よりも色収差の方が気になってくる。

=F5.6=
150m056
 球面収差は改善したがまだ充分とは言えない。ピントが深くなった分色収差も目立たなくなる。

=F8.0=
150m080
 やはりこの焦点距離もF8が一番変わる。全画面に渡って不満の無い画質になる。

=F11=
150m110
 ピントが深くなっただけで画質に変化は無い。


★210㎜
 最後にテレ端の210㎜である。

=F4.5開放=
210m045
 この焦点距離ではやはり色収差が一番気になる。それとバックのボケに口径蝕が感じられる。ハロはあるが150mmほどではない。

=F5.6=
210m056
 半絞りでもだいぶハロは消えた。筆者はこの絞りで充分写真が撮れるね。

=F8.0=
210m080
 更にコントラストが大幅上昇。色収差も気にならなくなっている。碍子の質感がなかなかよろしい。

=F11=
210m110
 F8から差は全く感じない。ピントが深くなっただけ。


★次回に続く
 どの焦点距離も個性があるので「これがベストの焦点距離」と言うものは無い。用途によって変わってくるだろう。遠距離でもこの傾向は全く変わらなかった。次回は無理やり近接撮影のテストをしてみる。最短撮影距離2.0mでどんな絵が作れるのか?

TAMRON QZ-210①

TAMRON QZ-210 85-210㎜ F4.5


 2017/09/01に50円で入手した”革張り風タムロン”シリーズの一本。タイトルにはQZ-210と書いたが実は正式名称ではない。タムロンサイトにもこのレンズは掲載されておらず正式名称不明の謎レンズだ。Z-210とQZ-210Mの中間のレンズと言えるが、製品仕様で言えばマクロが無い分Z-210に近い。最短撮影距離が2.0mでマクロ機能無しという事で途方に暮れるが、先日FD 100-200㎜ F5.6(最短2.5mマクロ無し!)を使ったので絶望感は感じない(^^


sankyoudai
 三兄弟の右端、中間の大きさのが本レンズ。50円レンズ(注)としては奇跡的に玉に傷・汚れ・カビ・クモリも無く、本体も大きな傷も無く状態は非常に良好だ。製造後40年以上経過したレンズとは思えないほどで、これならこのレンズの評価をしても石を投げられることは無かろう。

注:当初の価格は500円で、次は100円、最後が50円だった。新品で買った人は勿論、中古で買った人ですらタメ息が出る価格だ(^^;


★無限チェック
mugen
 210㎜で無限をチェックしてみる。あまり良くないな(^^; ∞が出ているかどうかあやふやな感じ。実はこのテストは結構昔にやったので、当時は焦点距離を変えてチェックしていなかった。ズームレンズは焦点距離に依ってピントが変わる。これは光学補正でも機械補正でも大差はない。設計は完璧でも公差があるし、使っているうちにカムが減って動いてしまう。焦点距離別にはいずれもう一度チェックしてみたい。


moon
 一応月も写してみたが…月面の模様は確認できるが小さいのでよく解らない。右上のゴミみたいのは鳥である。月に雁のように撮りたかったが両方とも小さくてダメでした(^^;


★遠距離+軸色チェック
 年代物の望遠レンズのため色収差はもっとも弱点となる。倍色は消せるが軸色は消せないので困る。パープルフリンジと同じくインチキで目立たせないくらいは可能だろうが。

=F4.5=
210iro045
 まずは開放だ。丸っきりの放し飼いとまでは言わないがかなり奔放に色収差が発生している。ピントが外れたところは特に目立つ。元々それをハッキリさせるためのこの被写体でありテストなのだ。電線を見れば色収差がハッキリ判る。

=F5.6=
210iro056
 たった半絞りだが無視できないくらいコントラストが向上している。ただ色収差的には殆ど変わりは無い。

=F8.0=
210iro080
 いきなりハッキリ違いが出るのがこのF8.0だ。画像がスカッと明快になり、色収差もあまり目立たなくなっている。

=F11=
210iro110
 画質は更に向上した。これが最高画質だと思われるが、色収差はまだ少々残存している。

=F16=
210iro160
 色収差が完全に判別できなくなるのはF16だった。回折による悪化はまだ見られない。

=F22=
210iro220
 回折の影響で真ん中がボケ始めている。この絞りはチョット使いたくないね。


★次回に続く
 ∞の結果を頭に入れつつ次回は中距離の画質をチェックする。

最新コメント
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ